「そこの温度測り隊」No.13 冬と夏、池の水の差!

前回は猛暑の時と極寒の時、
それぞれの井戸水の温度差を測ろうと言う企画でした。

埼玉県の某ゴルフ場にお邪魔しましての
井戸水の夏と冬の差を調べました。
結果は9月の15.6℃に対して1月の今回は14.5℃でした。

引き続き今回は夏と冬の池の水の温度差です。

おさらいをしておきますと
夏の気温が31℃、冬の気温が13℃です。

そしていざ、冬の池へ。

ここで早速夏と冬の池の温度を比較です。

夏は26.9℃に対して冬は3.6℃。
うわ。約7倍ですよ?
やっぱり井戸水の年間通しての変動の無い水温は魅力ですね。
ちなみに今回、池の水を測定しておりましたら
どんどん赤外線放射温度計の数値が下がっていく…
これの原因。「あくまでも表面温度」なので

池の上に風が吹くと冷えていく感じです。

一応念のため、通常の温度計を水に突っ込んで計測しました。

その結果、5.5℃
それでも夏の5分の1ですけれども…

カテゴリー: そこの温度測り隊 パーマリンク

コメントは停止中です。