芝生と雑草・・・カタバミ

  
 カタバミ科 一年草 一般的に春から秋にかけて黄色い1㎝くらいの花を咲かせます。
球根から出た葉は長い柄があり、先に小さなハート型の葉が3枚集まったかわいい形をしています(三出複葉)。球根の下には白い小さな大根の様な根が有ります。匍匐茎がさかんに伸び、芝の間を縫って広がっていきます。ある程度低刈りには強い様ですが、ゴルフ場のグリーンの様な3~4mmの刈り高ではさほど雑草として問題視されないようです。
  
種は先のとがった円柱状の鞘に入っていて、触れると種を四方に激しく飛ばします。子供のころそれがなんとなく面白く、探しまわって遊んだ記憶があります。 葉は、まれにクローバーのように四葉など、枚数の多いものも有るようです。探してみるのも面白いかもしれません。

カテゴリー: 芝生と雑草 パーマリンク

コメントは停止中です。