芝生と雑草・・・スズナ/スズシロ

春の七草(6,7)
 
春の七草6番目はスズナ(カブ)。アブラナ科アブラナ属の越年草。古くから品種改良が進み、白菜などもこの仲間。
7番目がスズシロ(ダイコン)。アブラナ科ダイコン属の越年草。品種が多く、食べ方も多彩。
この2種類は今ほどではないにせよ、セリとともに古くから冬の野菜として重宝されていた様です。
 一般的には秋に種をまき、年内に大きくして冬に食用にするのでしょう。七草のころスーパーでパック売りのセットに入っているカブとダイコン(写真:下)は、つま楊枝かせいぜい鉛筆程度の根がついています。畑のものは御覧(写真:上)のとおりです。
 アブラナ科の仲間には食べることのできる草が多い様ですが、現代ではわざわざ・・と言った感じです。

ちなみにこの2種は私の雑草図鑑に見つけることが出来ませんでした。(野菜ですから・・・)

カテゴリー: 芝生と雑草 パーマリンク

コメントは停止中です。