「PR」つづき

「尻腐れ病」の為に大事なトマトが台無しになった事をお知らせした前回。
直ちにカルシウム入り肥料 芝生用肥料ニュートリDG 「Kal-tec」のテストです。
トマトの実は次々とできるので、症状の出ているものは惜しむこと無く摘み取りスタートです。

残念ながら2株しかなく、本来の目的の「収穫する」事が優先で、対照区は無し。
プランター1つに1株。施肥量は10g(約80g/㎡)。

試験開始から数日間は細かに見て、いくつか症状の出た実を取っていましたが、
ほぼ1週間で症状は無くなり、知らぬ内に「尻腐れ病」を忘れ、収穫作業に変わっていました。

今は毎日数個ずつ収穫し、不備な試験を悔いながら満足しています。
後は・・・「疫病」かぁ!!!

カテゴリー: その他いろいろ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です