【葉身分析センターより 2014年2月4日 その2】 立春の雪。

〔このブログは、東洋グリーン葉身分析をご利用のお客様に2月4日にお送りした『傾向と対策』・『葉身分析Weekly!』を、再構成したものです〕

【葉身分析センターより 2014年2月4日 その2】 立春の雪。

12月初旬まで暖かめだった今年の冬も、その後は冬らしくなりました。 各地で大雪に見舞われた昨年2013年に比べると、今年は比較的穏やかな1月だったようです。 今日2月4日は立春、千葉では雪が舞っています。

以前にもご紹介した、我が家の近くの定点観察してる紅梅、今年は1月3日に開花を確認しました。 この木の過去の記録は、2006年以降、2月18日、2月5日、1月2日、12月26日、1月5日、12月24日、1月26日、1月30日で、今年が1月3日ですので、昨年よりひと月くらい早く、2008年や2010年並みでした。
けれど、開花後の寒波が厳しくて、花の進みはゆっくり。 満開になったのは1月下旬くらいでした。 ここしばらく、夜近くを通ると、濃密な香りが漂ってきたのですが・・・・

紅梅 20140111

今日の雪で、香りも流れてしまいそうですね。

ちょっと残念ですが、これも春が近づいている、ということで・・・・。

カテゴリー: 葉身分析 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です