芝生と雑草77・・・ゲンゲ(レンゲソウ)

れんげ畑  中国原産のマメ科ゲンゲ属に分類され、秋に種蒔きし翌春花の咲く冬型の1年草(越年草)。
葉は1回羽状複葉で小葉はほとんど同じサイズの丸い楕円。先端がわずかに窪む場合も有ります。
葉腋から出た花茎は長く葉より突出して見え、先端に薄紫の花が固まって咲きます。花からは良質の蜜が取れる事は良く知られています。

冬支度

レンゲソウ

 湿った所を好み、全体的に緑濃く柔らかな草です。
 マメ科の例にもれず根には根粒菌が繁殖し、小さな瘤がたくさんついています。根粒菌の働きで土地を肥沃にしたり、飼料として活用していました。

 近年まで春の田んぼはピンクのレンゲの花に覆われ、格好の遊び場になっていました。子どもやミツバチなど漫画の主人公が ふっ!と出てきそうな風景がどこにでも有りました・・・

カテゴリー: 芝生と雑草 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です