芝生と雑草97・・・メドハギ

メドハギ  (1) (640x476)メドハギ  (3) (640x483)

マメ科ハギ属の多年草。日本全国に分布し、日当たりの良い道端、空き地、ゴルフ場ラフ、車道の分離帯などによく見られます。花期:夏。

 

成長すると草丈は1m程になります。春芽出しの頃は一本の茎が直立し、3枚の倒披針形の小葉からなる葉が茎に密生します。やがて途中で分枝し、上方が密になリます。茎は次第に固くなりますが、地上部はその年のうちに枯れてしまいますメドハギ  (4) (640x480)

メドハギ  (5) (640x479)蝶型の花が葉腋に数個ずつ付き、薄い黄色の花弁の基部には紫斑が2条見られ、1花に一つの果実が出来ます。

 

マメ科の雑草の特徴としてやせ地によく見られます。芝地でもどちらかというと管理が行き届かず、肥料の少ないところが要注意です。

・このような雑草でお困りの方はこちら

カテゴリー: 芝生と雑草 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です