【葉身分析センターより 2015年9月17日 その2】 秋の始まり・・・でもまだご注意を。

〔このブログは、東洋グリーン葉身分析をご利用のお客様に9月17日にお送りした『傾向と対策』・『葉身分析Weekly!』を、再構成したものです。 最新の情報に比べて半月~1か月程度のタイムラグが生じていることがあります(・・・・詳しくは、こちら)〕

 

【葉身分析センターより 2015年9月17日 その2】 秋の始まり・・・でもまだご注意を。

 

以前にもご紹介した人形町の本社の裏の路地のムラサキシキブの実も、色づき始めました。 季節は確実に秋に向かっています。

ムラサキシキブ 20150911

ただこの9月の記録的な大雨にも見られるように、以前の日本とは異なる気象変化が例年のように起こる昨今。 まだ安心はできません。 何年か前には、9月末に各地で30℃以上になって、グリーンやウインターオーバーシードした競技場のライグラスに大被害が出たこともありました。

今はまだ始まったばかりのベントの根の回復が一段落して、光合成もマックスに上がり、炭水化物が潤沢に利用可能になる時期=『STEP 7 秋』になるまでは、夏に準じた慎重な管理が求められます。 ぜひご自分のコースのベントの状態を確認し、適切な管理作業をお願いします。

カテゴリー: 葉身分析 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です