芝生と雑草 105・・・オニノゲシ

オニノゲシ (1)オニノゲシ (2)オニノゲシ (3)

 

 

 

初霜が降ってどんどん花が無くなり、辺りは寂しい限りです。 そんな中、事務所圃場の近くに黄色い花を見つけました。
オニノゲシ:キク科、ノゲシ属の越年草。ヨーロッパ大陸原産と言われ、路傍、草地、畑などに広く分布しています。花期:春~秋

オニノゲシ (5)葉は大きいもので長さ25㎝程になり、大きく切れ込みます。鋸歯の先はトゲになり、その鋭さに出しかけた手を無意識に引っ込めてしまいます。葉は基部が2つに分かれ茎を抱き、その先がカールしています。茎は高くても1m程度で、先につく黄色い花は2cmほどの大きさです。
他の雑草と同じように、排水ますと鉄の蓋のわずかな隙間でも、立派に花を咲かせていまする逞しさ。
オニノゲシ (6)
オニノゲシ (4)

休眠中の芝生の中に、この草のロゼットが有るかもしれません。
多く見かける様でしたら、こちらをご覧下さい。

カテゴリー: 芝生と雑草 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です