芝生と雑草・・・ハコベ

春の七草(5)
  

ナデシコ科の多年草 畑、道端、芝地などどこでも見かけます。長く伸びる茎には対生する葉が付き、よく分岐します。仲間にはピンクの花が可愛いカワラナデシコ、毛が多いオランダミミナグサ、葉の小さなノミノフスマ、ツメクサ等があります。
花は白。良く観察するとコハコベは一年中花をつけています。寒い冬、葉にアントシアンを出し、赤黒く変色して耐えているように見えます。
七草として食べられるのは主にコハコベ。ヒヨコを庭に放すと、あっという間に無くなりましたネ。

カテゴリー: 芝生と雑草 パーマリンク

コメントは停止中です。